低金利カードローンの賢い使い方と注意点を解説!

 

カードローンを選ぶ基準には、審査の難易度や利用限度額、スマホ取引ができるかといった利便性などが考えられますが、最も気になるのは金利でしょう。

 

急ぎの用立てで焦っていたために高金利のカードローンに契約してしまい、後から返済に困るといった、カードローン地獄の事態は避けたいところです。

 

カードローンの金利の仕組みを知ろう

金利は法律で定められている

カードローンだけでなく、「融資」と名前が付くものにはすべてに利息制限法と出資法の制限を受けます。この2つの法律に反したお金の貸し借りは違法です。

 

利息制限法

利息制限法は、文字通りお金を貸したり借りたりするときに発生する利息を制限するための法律です。この法律では借入額に応じた上限の金利が定められています。これを超えた金利で他人にお金を貸すことは法律違反で、個人間の貸し借りにも適用されます。

 

利息制限法による上限金利
借入額 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

 

利息制限法の上限を超えた金利で他人にお金を貸した場合には、その取引は無効です。利息制限法に違反した業者は貸金業法によって行政処分を受けます。そのため、どの金融機関でもこの上限金利以下で貸出しています。

 

出資法

出資法は出資や金利を定めた法律です。貸金業者が利用者に貸出するときには、借入額や契約額に関係なく上限の金利は一律で20%と定められています。上限金利が20%となっている点は利息制限法と変わりませんが、出資法は違反した場合に罰則規定が適用されます。

 

20%を超える金利で貸出した場合には刑事罰の対象となります。20%以上の金利で貸出する業者は違法業者です。いわゆる闇金と呼ばれる業者がこれにあたります。

 

基本的に銀行は低金利

カードローンというと、

  1. 通常は銀行が提供するもの
  2. 消費者金融業者が提供するもの

の2種類でしょう。

 

三井住友銀行や三菱UFJ銀行などのメガバンクもカードローンを提供していますし、プロミスやアコムといった大手の消費者金融業者は電車の車内広告で多くの人の目に触れています。

 

両者の金利を比較すると、どちらかといえば銀行のほうが金利は低め、消費者金融業者は高めという傾向があります。

 

銀行のカードローンの金利
銀行 金利(実質年率)
三井住友銀行 4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%
みずほ銀行 2.0%~14.0%

 

消費者金融の金利
業者名 金利(実質年率)
プロミス 4.5%~17.8%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%

 

おおよそ、銀行のカードローンの金利の相場は実質年率で2.0%から15.0%程度、消費者金融業者は3.0%から18.0%と考えておけば間違いないでしょう。金利という点だけで比較すると、銀行のカードローンのほうが有利です。

 

金利は借入限度額で決まる

カードローンの金利は「実質年率3.0%から18.0%」などと、上限金利と下限金利には大きな差があります。

 

同じ50万円を借りても、年率3.0%のとき年間の利息は1万5000円、年率18.0%のときは9万円となります。

 

借入額が大きくなればなるほど、金利の差は大きくなり利用の仕方にも違いが出てきます。

 

借りる側としては、金利は低ければ良いに決まっていますが、貸す側としてはなるべく高い金利で貸したいと考えています。法律による制限はありますが、金利が高いほうが利息の支払いによる収益が大きくなるからです。

 

カードローンの金利は、借入額の金額によって決まることになっています。借入限度額の設定によって適用される金利が変わります。年率3.0%で借りたいと思っても、借入枠の大きな人にしか適用されません。

 

たとえば、三井住友銀行のカードローンは公式サイトで借入枠と金利の関係の以下のように説明しています。

 

契約極度額というのは、審査のうえで決定した限度額のことを指します。あくまで「この額までなら貸します」という契約上のものであって、それだけの額を借りないと低金利が適用されないというわけではありません。

 

三井住友銀行カードローンの契約極度額と金利
契約極度額 借入利率(実質年率)
100万円以下 12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 4.0%~4.5%

 

借り入れできる枠が大きくなれば適用金利も低くなります。同じカードローンで同じ金額を借りたとしても、契約極度額が異なれば金利も変わります。

 

借入枠が大きいといことは、それだけ銀行からの信用も高いことを意味します。信用力は、その人の収入や社会的地位といった属性や、三井住友銀行との取引の実績などから判定されます。

 

三井住友銀行を利用しており、実際に借りたお金をしっかり返済できる人であると判断されれば契約極度額も大きくできて、金利も安くなります。これは三井住友銀行に限ったことではなく、あらゆるローンにおいて言えることです。

 

金利の安いところでお金借りたい!銀行カードローンは?

全国対応の銀行の金利一覧

カードローンを発行しているのは、主に以下の3つの金融機関です。

 

  1. 消費者金融業者
  2. 都市銀行
  3. 地方銀行

 

全国から申し込みできるのは、消費者金融業者と都市銀行ですが、近年ではインターネットの発達もあり、地方銀行のなかにも日本のどこからでも利用可能なところも増えています。

 

ネットバンクも成長しており、全国から申し込みが可能です。

 

そのような全国から申し込み可能な銀行や地方銀行のカードローンの金利を、「上限金利が低い順」に並べると以下のようになります。

 

カードローンで金利の低い順
順位 金融機関・ローン商品名 金利 限度額(上限)
1 住信SBIネット銀行ミスターカードローン

(プレミアムコース)

1.59%~7.99% 1200万円
2 りそな銀行プレミアムカードローン 3.5%~12.475% 800万円
3 りそな銀行クイックカードローン 9.0%~12.475% 200万円
4 ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 800万円
5 イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 800万円
6 みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 800万円
7 楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 800万円
7 三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円
7 静岡銀行カードローン「セレカ」 4.0%~14.5% 500万円
10 三菱UFJ銀行「バンクイック」 1.8%~14.6% 500万円
10 東京スター銀行「スターカードローン」 1.8%~14.6% 1000万円
10 愛媛銀行ひめぎんクイックカードローン 4.4%~14.6% 800万円
13 住信SBIネット銀行ミスターカードローン

(スタンダードコース)

8.99%~14.79% 300万円
14 スルガ銀行カードローン

 

リザーブド・プラン

3.9%~14.9% 800万円
15 北海道銀行カードローン「ラピッド」 1.9%~14.95% 800万円
16 セブン銀行カードローン 14.0%~15.0% 100万円
17 じぶん銀行じぶんローン 2.2%~17.5% 800万円
18 オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円
19 ジャパンネット銀行ネットキャッシング 1.59%~17.8% 1000万円
19 プロミス 4.5%~17.8% 500万円

 

このように並べてみると、消費者金融の金利の高さが分かります。ただし、消費者金融は金利が高い分審査が柔軟で、借入先の選択では充分に考慮しておきましょう。金利が低いといっても、審査に通過できなければ何にもなりません。

 

上限金利で比較すること

カードローンで「金利が低いものを選びたい」といったときに注意すべきなのは、上限金利で比較するということです。カードローンの電車の車内広告などでは、「3.0%~18.0%」などのように幅をもたせて金利を表示しています。

 

金利に幅のあるカードローンの場合、自分が申し込んで何パーセントの利率が適用されるのかは、審査を受けてみないと分かりません。また、ほとんどの業者や銀行では初回契約では借入限度額を抑えめにして、上限の金利が適用されます。

 

よほど個人属性において強いものがあるといったケースを除けば、ほぼ上限の金利が適用されると考えて間違いないでしょう。

 

上限金利の最も低いのは住信SBIネット銀行が提供するミスターカードローンのプレミアムコースですが、これを選べるかどうかは審査次第です。

 

住信SBIネット銀行のカードローンにはプレミアムコースとスタンダードコースがありますが、これは申込者が選択するのではなく、銀行側が審査した結果に左右されます。

 

プレミアムコースは主に富裕層向けで、審査によってはスタンダードコースで申し込むことになる可能性があります。スタンダードコースでも上限金利は14.79%ですので、有利であることには変わりません。

 

じぶん銀行やオリックス銀行、ジャパンネット銀行などは銀行のカードローンでありながら、上限金利は高めでほとんど消費者金融業者と変わりません。

 

金利が低いと利息に差が出る

カードローンを選ぶ際に、漠然と「金利が低ければいいのだろう」と考えてしまいがちです。金利が低いと何が良いのかという基準を自分なりに設定してから、カードローンを選ぶようにしましょう。

 

金利によって支払う利息に差が出てきますし、また、返済期間によっても利息の差が出てきます。一般的に、「金利が3%変われば、利息の違いが実感できる」とされています。

 

たとえば、50万円を年率18%で借入すると年間の利息は9万円ですが、これが年率15%になると7万5000円になります。

 

単純計算で12ヶ月で割ると、年率18%で毎月7500円、年率15%で毎月6250円です。1ヶ月に1000円以上の利息の差が出ると考えると実感が湧くでしょう。金利の差は支払う利息の差となって現れるという感覚は、カードローン選びに役立ちます。

 

金利がまったく違う3つのローンで、それぞれ50万円を借りて毎月1万5000円ずつ返済していくとき、支払う利息は以下のように異なります。

 

ローン商品名 金利 利息総額 返済期間
みずほ銀行カードローン

「エグゼクティブプラン」

7.0% 5万7610円 38ヶ月
三井住友銀行カードローン 14.5% 14万3730円 43ヶ月
レイクALSA 18.0% 19万8327円 47ヶ月

 

三井住友銀行のカードローンはレイクALSAよりも3.5%金利が低くなっているため、利息は5万円以上も違います。さらにみずほ銀行のカードローン「エグゼクティブプラン」は11%も金利が低いので、14万円もの利息差が生じています。

 

金利の安いカードローンは審査が厳しい?

基本的には低金利だと審査は厳しい

個人消費者向けのカードローンに限らず、すべての融資で言えるのは低金利では審査は厳しくなるということです。審査基準は金融機関によってまちまちですが、金利を低くして貸出できる相手は「返済能力が高い人」と判定されたことを意味します。

 

金利は、利用者にお金を貸すときのレンタル料のようなものです。レンタルした相手が返してくれる確率が高いと判断できたら、レンタル料を低くして、利用回数を多くしてもらいたいと考えるでしょう。

 

逆に、返してくれる可能性が低いと判断される人に対してはレンタル料を高くして、返ってこなかったときのリスクに対応します。

 

金利は、リスクの高い人に対して高く、リスクの低い人に対して低くなります。相手のリスクがどの程度かを判別するのが審査で、そのため、金利が低いローンほど審査は厳しくなる傾向があります。

 

たとえば住信SBIネット銀行にはプレミアムコースとスタンダードコースがあり、上限金利はそれぞれ7.99%、14.79%と露骨なくらいに違いがあります。申し込みするときには、このコースを選ぶことはできません。

 

あくまで銀行側の判断でコースが選別されます。プレミアムコースはハードルが高く、年収が1000万円以上あるエリートでないと審査に通過するのは困難と言われています。

 

住信SBIネット銀行ほどではありませんが、りそな銀行のカードローンも明確に審査の厳しさをうかがわせるローンです。低金利ですが、たとえ収入があっても学生は申し込み不可となっており、条件を厳しくしていることが推測できます。

 

金利だけでカードローンを選んでいると、審査に通らず借入できないという本末転倒な事態に陥りますので、情報を収集したうえで慎重に選んでいきましょう。

 

低金利で利用できる人とは?

低金利で借りられる人というのは、返済能力が高いと判断される人です。返済能力を推し量るのに使われる基準として最も分かりやすいのは年収です。年収が高い人は、それだけ返済に回せるお金も多いと判断できます。

 

また、勤続年数も重要とされており、同じ職場に長年勤めている人ほど審査では高く評価されます。同じ職場に10年以上勤務している人は、転職しない傾向が強いというデータもあります。転職する可能性が低いということは、それだけ収入も安定しているとみなされます。

 

また、過去の金融機関の利用履歴も重要です。過去にキャッシングで返済の遅延があったり、クレジットカードの支払いに遅れたりしているときには、返済能力に疑問を持たれてしまいます。

 

金融機関をどのように利用してきたのかという情報は、個人信用情報機関に保管されており、カードローンの申し込みで必ず閲覧されます。ここにネガティブな情報があるとき、審査では不利になります。

 

逆に、クレジットカードやキャッシングを利用した経験があり、返済に遅れることなく支払っているときには高く評価されます。ある程度の額を毎月しっかり支払っており、返済日に遅れていない人は審査では有利となります。

 

借りた翌月に一気に完済した人よりも、最低返済額を毎月淡々と返済している人のほうが評価が高くなるのがカードローンの審査というものです。

 

難易度は保証会社から推測できる

カードローンといっても、消費者金融業者を別にすると審査を行うのは保証会社と呼ばれる会社です。銀行のカードローンのほとんどは外部の保証会社に審査の一部を担ってもらっているというのが現状です。

 

保証会社とは、申込者の個人情報や金融機関の利用履歴などを参考にして審査を行い、もし利用中に返済の延滞があったときには、その人に成り代わって弁済する責任を負っています。

 

延滞が続いたり、返済がストップしてしまったときに、代わりにカードローンの返済を行って、その後は保証会社が利用者と債務の弁済について話し合いをします。それが保証会社の役割です。

 

そのため、カードローンの審査の基準は保証会社の審査基準とほとんどイコールとなっているケースが多くあります。保証会社から返済能力があると認められてこそ、カードローンの審査に通過することができる言ってもいいでしょう。

 

ここで、銀行のカードローンの商品説明書などを参照すると、保証会社として大手の消費者金融業者が担当していることが多く見受けられます。もし申し込もうとしているカードローンの保証会社が消費者金融業者であるなら、おおよそ審査の難易度を推測することが可能です。

 

一概には言えませんが、目安としてアコムは審査が若干緩め、プロミスは若干厳しめです。アコムが保証会社になっているカードローンは三菱UFJ銀行、プロミスは三井住友銀行のカードローンの保証会社です。

 

金利の安いカードローンは最低返済額に注意

低金利なのに利息が高くなることがある

金利の安いカードローンで注意したいのは、毎月の最低返済額です。これは銀行でも消費者金融業者でも契約の際に取り決めとして契約書に記載されており、利用者はそれに従って返済していく必要があります。

 

銀行や業者によって異なりますが、おおよそ10万円以内の借入であれば毎月数千円でしょう。ただ、これはあくまで「最低この金額は返済してください」という取り決めであって、この額しか返済できないというものではありません。

 

銀行のカードローンは金利が安く、一見するとお得に借りることができそうに思えます。ところが、銀行のカードローンでは基本的に「借入残高」に応じて最低返済額が変動する返済方式が採用されています。

 

借入残高が少なくなるごとに、最低返済額も減っていくという返済方式です。借入の返済では、毎月の返済額が小さくなるほど、利息は増えていきます。

 

たとえば金利が年率14.5%で10万円を借入したとき、毎月2000円ずつ返済していくと、利息の総額は5万4259円となりますが、返済額を倍の1万円にすると利息の総額は4884円となります。

 

単に2倍にしただけで、最終的に支払う利息はまったく違ってきます。

 

三菱UFJ銀行のバンクイックとレイクALSAで上限金利で10万円を借入して、最低返済額だけで返済したとき利息がどうなるのか以下のようにシミュレーションできます。

 

金利 最低返済額 利息総額 返済期間
バンクイック 14.6% 2000円 5万4939円 78ヶ月
レイクALSA 18.0% 3000円 3万9592円 47ヶ月

 

バンクイックは、レイクALSAよりも3.4%金利が低く設定されていますが、利息の総額が1万5000円以上も増えてしまっています。これは最低返済額が1000円違っているからです。わずか1000円でもこれだけの違いが生じてきます。借入額が高額になれば、もっと利息の差は大きなものとなります。

 

繰り上げ返済しよう

銀行のカードローンで良く用いられる返済方式は、借入残高に応じて最低返済額が変動する「残高スライド方式」です。たとえば50万円を借りたら毎月8000円以上を返済すれば良いことになっていて、返済が進んで残高が40万円を切ったら毎月6000円ずつ返済すれば良いとする方式です。

 

借入残高が減るごとに返済額が減るので楽になったように思いがちですが、返済額が下がるということは返済するペースが落ちるということと同じです。返済のペースが落ちると、全体の返済期間も延びます。結果的に総返済額が大きなものになってしまう傾向があります。

 

注意したいのは、銀行の返済で口座振替にする場合です。住信SBIネット銀行やりそな銀行、イオン銀行などは、毎月の返済方法は口座振替のみです。

 

口座振替では、毎月決まった日に自動的に最低返済額を引落していきます。このとき、残高スライド方式では、借入残高が減るごとに引落額も減っていきますので、支払う利息の額が膨らんでいくということになります。

 

たとえば、ソニー銀行のカードローンは金利が13.8%と低めの設定ですが、もし50万円を借入して口座振替の返済だけに頼っていると、利息の総額は62万円以上になります。

 

これは残高スライド方式を使っているからです。もし、50万円借入したときの最低返済額である8000円を最後まで返済額として固定すると、利息は半分ほどになります。

 

利息額は少ないほうが利用する側としてはお得に決まっています。ただ、銀行側が設定した返済方式に何も手を加えることなく放置していると、大変な額の利息を支払うことになります。それを防ぐには、通常の口座振替で引落される額以上を返済していくしかありません。

 

カードを使ってATMで繰り上げ返済するなどといった工夫が必要です。毎月の返済日に口座振替で返済しながら、それ以外の日にも返済すると効果的に利息を減らせます。

 

利息を節約するには

利息を節約するには、最低返済額にとらわれずに、どんどん繰り上げ返済していくことが必要です。金利が低いという理由で契約したカードローンが、口座振替しか返済方式がないときには注意しましょう。

 

現在は多くの銀行のカードローンでコンビニや提携銀行のATMで返済が可能です。提携ATMが多くあって、手数料が無料というローンもあります。自分の生活のペースもありますが、それを逸脱しない範囲でどんどん返済していかないと、いつまで経っても返済は終わらないという感覚になります。

 

生活に余裕があるときには、少額でも返済にお金を回しましょう。返済期間を短くするごとに利息も減ります。

 

まとめ

金利の安いカードローンはたくさんあります。インターネットを通じて有利なローンと契約することも可能でしょう。ただ、金利が低いからといって、返済の仕方を誤るとせっかくの低金利が活かせないことになります。即日お金借りたい人は、使い方には充分注意しましょう。